IMG_9758

海外研修 ブリストル〜ロンドン 

TSSL海外研修無事完了しました。今回の目的は大きく2つ。まずはVOIDの新ライアンアレイスピーカーArcline8の試聴。これは世界中から70人以上もブリストルに集結する注目度で、久々だったり初めてだったりする世界中のVOIDファミリー達と会うことだけでも楽しみだったりします。初めて韓国のディーラーさんにも会えたし、翌日のarmoniaトレーニングではハンガリーのディーラーと一緒にチーム組んでやったりと。このシステムは5月には上陸するので、皆様是非ご期待ください。HFの鳴り方が今までのラインアレイとは違います。勿論、VOIDですのでドライバーのパワー的には十分余裕がありますし、得意のホーンロードで低音を遠くまで飛ばしてくれます。あとは聴いてみてのお楽しみですが各国ディーラーが軒並み最高評価をしていることだけは伝えておきたいところです。オランダのディーラーとはクラブシーンについても話ができて、日本の問題点を話すと彼はこう答えて、「わかるよ、もうこれしかないんだ。クラブにはまずできる限り最高のサウンドシステムをどう構築するか?それをオーナーが最初に考えて店づくりをしなければならない。そうすることで、客足は伸び、滞在時間が伸び、酒が売れるから店は儲かる。それをエデュケーションしていくことだよ。根気よく」と。きっとオランダもそういう時期を経て今のような巨大なマーケットが生まれたんだと思います。誰かがやらなくてはならないし、諦めてはならないのですね。今回の研修はスケジュールの都合で、ここまでで帰国組と残る組に分かれ、残る組は第二の目的の週末の現場チェック。まずはブリストルでDUBのサウンドシステムをチェック。クリエイティヴサウンドの世界のメッカでもあるUKの著名なサウンドシステムの鳴りを確認。フェスやクラブ、特にDUB系もTSSLは担当することが多いので、彼らのいつもの環境や鳴りをしっかり把握する貴重な機会。クルーとして共通の正解の音を共有する意味はとても大きいです。更に翌日はロンドンに移動して通常営業のクラブをチェック。小田原か柏か?というくらい遠いSankeysをチェックしてから錦糸町くらい?まで戻ってthebridgeをチェック。話題のPrintworksはこの日だけパーティーが無く残念でした。ホテルと近かったのでファブリックに行ったのですが、朝まで並ぶくらいの行列で諦めて終了となりました。IMG_9756

IMG_9768

IMG_9765

IMG_9762

IMG_9761

IMG_9760

IMG_9758

IMG_9779

DSC_2158

DSC_2161

DSC_2160

Date : 2017.03.26